糖鎖ラボTOP


糖鎖とは


身近な糖鎖技術

血液型と糖鎖

生命科学の基礎

レクチンと糖鎖

ヒアルロン酸と糖鎖


健康と糖鎖


妊娠と糖鎖

免疫と糖鎖

アレルギーと糖鎖

肝機能と糖鎖

糖尿病と糖鎖

高血圧と糖鎖

関節リウマチと糖鎖

うつ病と糖鎖

癌と糖鎖

認知症と糖鎖

発達障害と糖鎖


映像で見る糖鎖


糖鎖研究の未来


糖鎖の主要研究機関

オススメ糖鎖サイト


糖鎖の注目News

糖鎖工学最新News

Twitter tousatechでも
糖鎖工学ニュースを配信

サイト内検索

関連サイトのご案内

糖鎖ショップ

ペットの糖鎖公式ページ

糖鎖ブログ

糖鎖ショップブログ

糖鎖ラボ中の人ブログ

 

アレルギー疾患と糖鎖の続きです。

アレルギー疾患と糖鎖アレルギー疾患の対症療法

最も多いアトピー性皮膚炎などに使用されている、抗ヒスタミン剤、抗セロトニン剤、抗ロイコトリエン剤、ステロイドホルモン、消炎鎮痛剤などは全て対症療法ですので、病気を根本から治すものではありません。特にステロイドは過酸化脂質として体外へ排泄されずに組織に沈着し、顆粒球を呼び込んで炎症を慢性化します。

アレルギー疾患と糖鎖アレルギー疾患の根本的な対策

アレルギー疾患と糖鎖アレルギー疾患と糖鎖の関係

例えば気管支ぜんそくの人(特に子供)は気管支の粘膜が薄いか、過敏に反応しますので、細菌やダニなどの影響が高くなります。

そこで顆粒球の一種の好酸球が反応して咳で異物を外に排除しようとします。糖鎖は粘膜をしっかりさせたり、好酸球の働きをコントロールして症状を緩和します。

前のページ

1 / 2

糖鎖はダイナトーサ